全国工務店経営研究会の新着情報

全国工務店経営研究会「情報交換会」の延期のお知らせ

詳細はこちら

工務店に必要なのはweb集客ではなく、web受注である

工務店に必要なのは受注 ネット戦略

工務店は、常に集客に悩んでいます。

そのため、web集客を始めませんか?

そんな電話がweb会社から、ひっきりなしにかかってきます。

 

でも、工務店にとって、何より重要なのは、

web集客ではなく、web受注じゃありませんか?

 

工務店にとっての集客とは何か?

web会社にとっての集客とは、

結局のところ「SEO」でしかありません。

 

でも、工務店にとっての集客とは、

やっぱり「受注してなんぼ」でしょう?

 

その差を理解しないまま、

web会社は、

  • 「今すぐ客」ばかり相手にするな!
  • 「コンテンツを作り込め」

などと、ほぼほぼ、不可能なことを言いやがります。

 

俺は一人だ!

そもそも、web会社に勤めている営業マンたちは、

工務店の実態を知らなさすぎます。

たとえ、一人親方でなくとも、

普通、工務店には、webの専任担当なんて洒落たもんはいない!のです。

 

実際、

雇っている若い子達には、現場監督やら、営業やらの仕事があるんです。

なのに、「若いからできるだろ?」

などと、彼らにweb管理を押し付けるのは、見当外れです。

なぜなら、

web受注を実現させるのは、彼らではなく、

工務店経営者の役目だからです。

 

web受注に必要なものは?

というわけで、

自分がやらなきゃ!とモチベーションが上がったところで、

web受注に必要なものを2つ準備してください。

 

ドキドキしなくて、大丈夫です。

おそらく、この2つ共、

ほとんどの工務店さんがすでに持っているものですから。

 

その2つとは?

  • ホームページ
  • ブログ

です。

 

ホームページは、大事な基地

まず、ホームページは、web上の基地みたいなものです。

要は、リアルな会社の所在地と同じですね。

ですから、それなりにきちんとしれいれば、OKです。

もちろん、以前書いたようなことが施されていれば、なお良いでしょう。

工務店のネット集客で必要なことは?
工務店のホームページで最低限、これだけはやっておきたいことをお話ししています。

 

ブログが受注を連れてくる

ブログは、ホームページのおまけではありません。

  • ホームページが静ならば、
  • ブログは動であり、

この2つのバランスがとても大事です。

 

にもかかわらず、

  • ブログの更新が止まっている。
  • ブログの内容が、薄い。

そんな工務店さんが、非常に多いのです。

もったいないですね。

 

受注ブログに必要なものは?

では、受注できるブログと、

受注できないブログは何がどう違うのでしょうか?

 

大事なのは、やはり内容です。

あ、でも、今度もビクビクしなくて大丈夫です。

最低2000文字は書け!

なんて、言いませんから。

 

要は、お客様が一番、求めているものを、

与えれば、それでいいんです。

 

つまり。

お客様が一番見たいのは、

なんと言っても、事例です。

 

なのに、この事例が少なすぎるんですよ。

もちろん、ただ、単に載せればいいわけではないですが、

それにしても、少ないんです。

だから、まずは、量だけでも増やしましょう。

これで、ブログの更新頻度は上がりますよね?

 

で。

量がこなせるようになったら、

次は、質を高める。

その順番が良いと思います。

 

まとめ

webで集めたお客は、全然、受注につながらないんだよね。

そういう人がいます。

でも、それは、webの使い方が間違っているからです。

 

むしろ、webから来るお客様の方が、

「もう、貴社に決めてるんですよね~」

的な雰囲気で接してくれる人が多いんです。

 

まぁ、新築の場合は、webだけではさすがに無理ですが、

それでも、今より受注はラクになるはずです。

また、リフォームやリノベーションに関しては、

webからの受注が加わると、とてもラクになります。

特に、営業下手な一人親方には、うってつけです。

 

さらに。

今のように、人の行き来が制限されているような時でも、

webなら、関係ありません。

ぜひ、これを一つのチャンスとして、取り組んでみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました