全国工務店経営研究会の新着情報

全国工務店経営研究会「情報交換会」の延期のお知らせ

詳細はこちら

オンラインで家は売れるのか?

オンラインで家は売れるのか? ネット戦略

オンラインで家は売れるのか?

という質問は、もはやナンセンスです。

 

緊急事態宣言が延長される中、

どうすれば、オンラインで家が売れるのか?

ここを、今こそ、考えるべき時だからです。

 

今こそ、オンライン化する

  • 人との接触を8割減らし、
  • 3密を避ける。

これは、今、日本人全員が取り組むべき課題です。

そのため、

見学会、展示会、勉強会の開催はもちろんのこと、

お客様との対面での打ち合わせすら難しいのが現実です。

 

こうしたことを、なんとか打破するため、

オンライン化を一気に進めている工務店も少なくないでしょう。

たとえば、

  • ホームページのテコ入れ
  • SNSのさらなる活用
  • オンライン会議の導入
  • 動画による見学会などなど

 

オフライン=オンラインではない

ただし。

多くの工務店経営者が気づいていないことがあります。

それは。

オフライン=オンラインではない、という点です。

 

つまり、

オフライン(アナログ)で行っていたことを、

そのまま、オンラインに切り替えても、うまくはいきません。

 

このことは、ある程度のオンライン化を進めてきた工務店さんなら、

実感されていると思います。

おそらく、多かれ少なかれ

  • ホームページは作ったけれど、効果を感じられない。
  • SNSで「いいね!」がついても、反応は薄い。
  • オンライン会議を導入してみたけど、なんとなく違う気がする。
  • 動画による見学会も、あまり効果はない。

こんな感想をお持ちのはずです。

 

オンラインに必要なもの

でも、何故?うまくいかないのでしょうか?

これは、実に簡単な話です。

要するに。

あなた自身、

  • オフラインにあってオンラインにないものは何か?

ここが理解できていないのです。

 

考えてみましょう。

オフラインでは、工務店とお客様はちゃんと場を共有しています。

もちろん、多少、お互いの気持ちにズレはあるかもしれませんが、

物理的に、同じ場所にいる。

これは、人間にとって、非常に大きな共有となるのです。

※スポーツは、テレビで見るより、会場で見た方が一体感が増すでしょう?

 

一方、オンラインでは、その共有が成り立っているか?どうか?

そもそも、ここが不明なのです。

それは、オンラインの持つ可能性の大きさを示すものでもあるのですが、

まずは、オフラインとは違う!という意識を持ち、

丁寧に共有の場へと導くことが大切です。

 

まとめ

いつかは、コロナウィルスは終息し、

今まで通りの経済活動が戻ってくる・・・かもしれません。

ただ、問題は、それが、いつになるのか?です。

 

それまで、ひたすら耐え忍ぶのか?

それとも、余力があるうちに、どう転んでも良いように準備を整えておくのか?

経営者には、決断の時ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました