全国工務店経営研究会の新着情報

全国工務店経営研究会「情報交換会」の延期のお知らせ

詳細はこちら

古い考え方では生き残れない!工務店経営のイノベーションを!

古い考え方を捨て工務店経営のイノベーションを 工務店経営

コロナウィルスで、一気に経済は落ち込んでいます。

気分的にも、車や家など買う気にならない。

そういう消費者が増加しています。

 

こんな状態の中、

どう希望を見出せば良いのか?わからない工務店経営者も多いのではないでしょうか?

 

長期戦にどう向き合うか?

今は、

とりあえず、目の前の仕事をこなすことだけに精一杯。

そんな状態の工務店が多いと思います。

 

が。

コロナが収まった後も、工務店を続けるつもりならば、

今こそ、重要な局面です。

もしかしたら、資金繰り等に、追われ大変かもしれません。

が、たとえ、そんな状況下であっても、

コロナが過ぎ去った後のことを、

  • どれだけ考えられるか?
  • どれだけ、想像できるか?

ここに、貴社の命運はかかっています。

 

否応なく、消費者の感覚が変わる

今回の状況は、

リーマンの時とは比べ物になりません。

なぜなら、ほぼ、すべての人に何らかの影響があるからです。

 

もちろん、今までも、

インターネット、スマホ、AI、グローバル化など、

社会は、それなりに変化してきていました。

 

ただ、

人間は動物であるがゆえに、

慣れているもの、古いものへの愛着が強く、

それが、社会の劇的な変化を妨げてもいたのです。

 

が。

コロナが収束した後、待っているのは、

今までとは違う、消費者感覚の大きな変化でしょう。

 

V字回復は、妄想かも?

政府は、V字回復のための策も考えているようですが、

そもそも、

V字回復というのは、

今までと同じ社会が土台にあってこそ!できる話です。

つまり、

土台そのものが、

  • グラついている
  • 壊れそう

という状況下においては、ほとんど妄想かもしれません。

 

むしろ、V字回復を願うのではなく、

  • ゼロから始める!
  • 革命を起こす!

ぐらいの気持ちが必要だと思います。

 

確かに、今まで、工務店は、

消費税アップを乗り越え、リーマンを乗り越えてきました。

ですが、

今回、その自負は、役に立たないどころか、

かえって、邪魔になるとすら思います。

なぜなら、乗り越えてきた!という成功体験こそが、

経営者を守りに走らせるからです。

 

まとめ

今回のコロナウィルスによって、

多くの人が、再認識したことがあります。

 

大事なのは、言うまでもなく、命。

そして、それを守るために、

衣・食・住、この3つは、どうしても必要だ!

ということです。

 

ですから、

住に関わる、工務店の仕事は、

今後も、重要な位置を占めていくでしょう。

 

ただし。

今までと同じような、

  • 新築の売り方。
  • リフォームやリノベーションのやり方。

は、今後は、衰退していくはずです。

 

なぜなら、

今まで、工務店が提供してきた「住まい」は、

人間の根源に関わる「住」とは、程遠いものだからです。

 

もちろん、

もしかしたら、意外に早く、

コロナウィルスは収束するかもしれませんし、

誰もが、それを祈っています。

 

が。

すでに、土台にはヒビが入った状態です。

つまり。

遅かれ早かれ、「変化」は、やってくるということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました