全国工務店経営研究会の新着情報

全国工務店経営研究会「情報交換会」の延期のお知らせ

詳細はこちら

工務店のチラシに必要なものは?

工務店のチラシで必要なことは? リアル戦略

工務店は、地元密着型のビジネスなので、折込チラシは必須です。

が、ホームページなどの維持費に比べれば、チラシの費用はバカになりませんから、

明確な意図を持って、制作する必要があります。

まともに、大手ハウスメーカーや大会社と張り合っても勝ち目はありません。

が、逆に、ポイントさえ押さえれば、まだまだ、チラシは使える販促ツールになります。

チラシは、単なる入り口

当たり前のことですが、たった一枚のチラシを見て、

「家を建ててください」

と電話をしてくるお客様はいません。

 

また、チラシの場合は、紙面サイズも限られますので、

  • 「どんな家を建てる会社なのか?」
  • 「名前は何か?」
  • 「どこにある会社か?」

こんな程度の情報ぐらいしか伝えられません。

 

そこで、こう割り切って考えてみてください。

チラシは、単なる入り口なのだ・・・と。

 

そうすれば、

入り口の先には、出口が必要・・・ということが、自然にわかってくるはずです。

どんな出口を用意するのか?

では、チラシには、一体どんな出口を用意すれば良いのでしょうか?

考えられる出口は、

  1. もっと、魅力的で情報量の多いホームページへ来てもらう
  2. とりあえず、家造りに興味のある人の連絡先を手に入れる

この二つですね。

できれば、2が理想ですが、

さすがに、昨今の事情を鑑みると、難しくなってきていますので、

1から2へ徐々に移行してもらう。

というのが、良いと思います。

具体的に、チラシに必要なものは?

昔から、

お客様自身に、アナログなツールから、デジタルなツールへ動いてもらうのは、かなりハードルが高い!

そう言われてきました。

 

それは、確かにそうなんです。

チラシを見て→パソコンを立ち上げて→URLを調べる。

なんて、面倒くさいですから。

でも、

最近は、誰もがスマホを持っている時代です。

だから、チラシ→ホームページへ飛ばすのは、QRコードを使えば、簡単です。

 

ただし。

このQRコードは、ただ、貼り付けておけば良い、という代物でもありません。

 

パソコンを立ち上げるより、スマホは簡単になりましたが、

それでも、QRコードを読み取るのは、手間がかかります。

その手間を、わざわざ、かけさせるだけの何かがチラシにあるか?

ここは、とても重要です。

まとめ

今回は、ちょっとだけ、QRコードにも触れましたが、

まずは、工務店にとってのチラシは、卵のセールチラシとは違う!

という点を、忘れないようにしましょう。

具体的なテクニックは、その後です。

 

コメント

  1. 濱田 清則 より:

    明けましておめでとうございます。
    今年は仕事をとる、とれるようになる事を徹底しなければと思っています。
    プロジェクト2020に期待しています。

    今年もよろしくおねがい致します。

    • 全国工務店経営研究会 全国工務店経営研究会 より:

      あけましておめでとうございます。
      いよいよプロジェクト2020が始まりますね。
      2月にお会いできるのを楽しみにしております。

タイトルとURLをコピーしました