全国工務店経営研究会の新着情報

全国工務店経営研究会「情報交換会」の延期のお知らせ

詳細はこちら

ニュートンの法則を心に留め置くべき?

ニュートンの第一法則と工務店経営工務店経営

突然ですが、ニュートンの第一法則をご存知でしょうか?

別名、慣性の法則とも呼ばれます。

おそらく、学生時代に聞き覚えがある方も多いと思います。

 

ニュートンの第一法則とは?

名前は聞いたことがあっても、内容は忘れていると思いますので、

簡単に、ニュートンの第一法則について書いておきます。

すべての物体は、外から力が加わらない限り、同じ速さで直線運動をし続ける

というものです。

 

ただし!

上記の法則は、物体が静止していようが、動いていようが関係ありません。

要するに、

  • 止まっているものは、そのまま止まったままでいようとし、
  • 動いているものは、そのまま動こうとします。

 

ただ、そう言われても、なかなかピンとは来ないかもしれません。

なぜなら、机の上に置いてある本が直線運動しているとは想像できないし、

本が動かないのは、力が加わっていないからだ!

と直感的に思ってしまうから。

でも。

真実は違います。

静止している本にも、ちゃんと力は加わっているのです。(摩擦力でプラスマイナスゼロになってるだけ)

 

経営にどう関係してくるのか?

では、そんなニュートンの法則が経営にどうかかわってくるのでしょうか?

それは、上記の法則を、自分自身にあてはめてみるとよくわかります。

 

たとえば、

仕事に追われて、何も販促活動をしていない状況を考えてみましょう。

これは、

  • 仕事に追われて=ただ同じ速度で動き続けている状態
  • 何も販促活動をしていない=止まっている状態

だと言うことができます。

まさに慣性の法則・・・

イヤ、惰性の法則でしょうか?

 

外からの力が必要

こうした惰性が、一番厄介なのは、

  • 静止していても
  • 行動していても

「これは惰性だ~」という自覚がなくなることです。

 

だからこそ、こうした惰性を打ち破るためには、

ニュートンが言うように、外からの力が必要です。

 

ただし、「外からの力」は、何でも構わないと思います。

別に、工務店関連の販促物とか、

工務店向けのフランチャイズとか、

そんなものでなくてもいいんです。

 

実際、自分にとって、何が「外の力」になるか?

なんてことは、誰にもわかりませんから。

まとめ

実は・・・

偉そうに言いつつ、自分自身も、

ニュートンの第一法則なんて、思い出すこともありませんでした。

物理は、大嫌いでしたし。

 

ですが、

求心力、遠心力の話を、とあるニュースレターで読んで、

久しぶりに、記事が書きたくなりました。

これこそ、まさに!外からの力・・・でしたね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました